ニュージーランドミュージックは隠れた宝庫?天才音楽プロデューサー「LORD ECHO」とは?

lordtop

ニュージーランドの音楽は隠れた宝庫?「LORD ECHO」とは?

ニュージーランドのミュージーシャンは誰?と聞かれて、パッと思い浮かぶ人は、きっと少ないだろう。しかし、ニュージーランドの音楽は、マイナーでありながらも、良質な音楽が埋もれている隠れた宝庫?と囁かれたりしている。そんな中、日本の音楽DJファンの間で一躍有名になったニュージーランド/ウェリントン出身の「LORD ECHO」を知っているだろうか。彼は、ヨーロッパや北米、ニュージーランドで人気のレゲエバンド「The Black Seeds」のギターを担当し、音楽プロデューサーとしても活躍するMike Fabulousのソロプロジェクトが「LORD ECHO」である。2011年、1stアルバム『Melodies』を大阪発レーベルWONDERFUL NOISEよりリリースし、新人無名でありながらも大ヒットを記録したミュージシャンなのだ。

lordechop

lordechoj 

SISTER SLEDGEのカバーソング 「Thinking Of You」

ダブ、レゲエを基本に、ソウル、ファンク、ジャズ、アフロビートなどをクロスオーヴァーした独特の作風は、日本だけでなく海外での評価も高い。1stアルバムに入っているSISTER SLEDGEのカバーソング 「Thinking Of You」は、心地よいボーカルにビートをのせた、絶妙なカバーソングであり、アナログ盤は発売直後に即完売。その後、CDもロングセラーとなっている。

LORD ECHO 「Thinking Of You」

SISTER SLEDGE「Thinking Of You」 

メロウなサウンドは、夏の夕暮れやドライブBGMなどにオススメ。

ジャマイカのキーボーディスト「JACKIE MITOO」を感じさせるような曲や、ディスコクラシック、ラヴァーズレゲエ、ジャジーな曲などバリエーション豊かなアルバム構成で、夏の夕暮れ、ドライブBGMなどにもオススメだ。LORD ECHOの才能は、ニュージーランドという環境から、どのようなインスピレーションを受けたのだろうか?というコトで、後日、本人にインタビューを計画中。

【おまけ】なんとも楽しそうな、キッズコラボレーション!?

キッズ達が、それぞれの音を自由に奏でながら参加している映像は、とても楽しさが伝わってくる。こういった、大人も子供も一緒に楽しむ場面は、なんともニュージーランドらしい光景。

●LORD ECHO公式サイト

●Thanks:LORD ECHO (aka Mike Fabulous)

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。