GO!GO!SUP!ニュージーランドの自然を感じながら、SUPを楽しむ。

suptop

ーオークランドから約30分のWenderholm
オークランドから車で北に約30分の場所に位置するWenderholm Regional Parkは、キャンプ場もあり、BBQ、ピクニック、海水浴、カヤック、SUPなどが楽しめる公園。広い敷地で芝があり、フリスビーや、サッカー、カイトなどを楽しんでいる人も多くいる。少し面白いのが、川と海の境目に位置しており、公園の東側が海で、西側は川なのである。

sup1 sup4

ポツンとあるのが、誰でも自由に使うことが出来るフリーのBBQ台。

sup3

ーSUPとは?
Stand Up Paddle boardsの略であり、ロングサーフボードのようなものに立ち乗りで漕ぐマリンアクティビティ。ニュージーランドでは、子供から大人まで、手軽に楽しんでいる身近なスポーツ。ということで、自分もSUPに初チャレンジ!

sup5

レンタル用SUPは、空気で膨らますタイプ。なので、浮力も増すので、初心者でも安心。

sup2

ーGO!GO!SUP!
最初は、膝を落として出発。かなり安定しているので、カヤック気分でこれまた楽しい。しばらく慣れてきたら、次は立つ練習。なんとか!?立つことはできたが、バランス感覚が難しい。右足、左足がプルプルして今にも落ちそうである。

sup6 sup7

ー漕ぐ。進む。

バランス感覚も安定してきたところで、漕いでみる。パドルを右、左にゆっくりと。少しの体重移動で急激にグラつくのがヒヤヒヤしてしまう。

sup8 sup13

ー落ちる。濡れる。

順調にパドルも慣れてきてグイグイ奥地へ進む。自然の景色を眺めながら、水の上を流れていく感覚がとても楽しい。自然で遊ばせてもらっている素晴らしさを感じながら、鼻歌気分で漕いでいるとバランスを崩し水没。

sup9

浅瀬ならまだ良いのですが、深い場所で落ちると以下のようになります。

sup10

ー気を取り直して、再チャレンジ。
焦らず膝をついてスタートし、ゆっくり立つ。次は、調子にのらないよう慎重にパドルを漕いで行く。約1時間、自由に漕いで、周遊して、落ちて。非常に楽しい時間であった。コツは、バランスが命なので体幹が中心になるよう意識する。超初心者でもすぐに立つことはできるので、本当に手軽で楽しめるスポーツ。大自然に囲まれながら、ゆったりとした時間を水の上で過ごしてみるのはいかがだろうか。

sup11 sup15

ーおまけ動画(落ちる)

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。