「家族とずっと一緒にいたかったから、ジプシーになったの。」ニュージーランダージプシーの家族ライフとは?【How’s it going? #4】

an1

ニュージーランドに「まつわるヒト」へ話を伺い、様々な思いや考えを覗いてみたい!そんなHow’s it going?企画の第4回目。ジプシーキャラバンでは、クリスタルショップを出店しながらも、パフォーマンスまでもこなすジプシ一ファミリーへのインタビュー。

ーこんにちわ!いま、ちょっとだけお話良いですか?
ちょっとバタバタしているけど大丈夫よ!うんうん。

an11

ーお名前と出身地は、どこですか?
Anna Ashton、5人家族。よろしくね!出身は、ニュージーランドのクイーンズタウンよ。

an13

ークイーンズタウンいいですね〜!なぜ、ジプシーを始めようと思ったの?
もう、入りたい!!!って直談判したのよ。旅行が好きだったし、家族とずっと一緒にいたかったから、ジプシーになったの。いい考えでしょ?(笑)それとクリスタルも好きだし、パフォーマンスも好きだから。

an5

ーおお〜そうなんですね!(好きなことだらけに囲まれていいなぁ・・・・)
子供達が「ママ〜〜〜、きゅうり食べたくなーい!」とサンドイッチのきゅうりを取り出し、「きゅうり食べたくないの?あらまぁ。。。」と、一時中断。えっと、なんだっけ???いつも騒がしいのよね〜!(笑)

an2

ーいえいえ、忙しいときにごめんなさい!えっと、ジプシーの前は何をしていたの?
ポールダンスのスタジオを持ってて、教えてたの。Gypsy Extravaganzaに入るにあたって、スタジオを閉じて家族でパフォーマンスをしてるのよ。

an10

ーさっき、ポールダンスパフォーマンスみたけど、すごく楽しかったです!

ありがとう!パフォーマンスを一緒にやっていたのは、うちの娘だったんだけど、 子供達は、歌や踊りなど自分でパフォーマンスをやり、稼いだチップがお小遣いになる制度なの。自分のお小遣いは自分で稼ぐという自立心を育ててるの。良い考えでしょ? 

an8

自立心、素晴らしいですね!まさに、ニュージーランドらしいと思います。そういえば、子供の学校はどうしているの?
移動生活だから、学校には行かせてないの。だから、私たちが勉強を教えてるのよ。ま〜大変だけどね、、、。周囲に、おもしろい大人達が沢山いるから、学校では教えてくれない事をココで学べるメリットも沢山あるけどね!

an6

ー確かにそうですね!キャンディーフロスマンにも同じ質問をしたんだけど、冬の間は、何をする予定なの? 
あ〜わからないわ!ん~~・・・・・わからない!(笑)ま、その時になったらわかるでしょ。はははははぁ〜〜〜!キャンディフロスマンの「まぁ、なるようになるさ。ははは〜〜〜!」と同じ答えに、なんだかホッコリ。)

an3

ー(笑)そのポジティブさが、とても羨ましいです!タイニーハウスは、自分で作ったの?休みの日は、何をしているの?
買ったのよ!もともとGypsy Fairをやってる人に売ってもらったの。もう1年半ぐらいココで生活してるけど、キッチンもシャワーもトイレも全部完備されているから、何の支障もなく生活してるわよ。休みの日はね、海沿いに停めてるわ〜。そこで、子供達と一緒にパフォーマンスの練習をしたり勉強したりね。

an7

ーあとで、タイニーハウスの中をみせてもらってよいですか!?すごく興味があって。
どーぞ、どーぞー!!ごめん!ちょっと、次のパフォーマンスの準備もあるから、自由にみていいわよ〜!またね〜! 

an15

最後は、あわただしく終了しましたが(笑)ニュージーランドに来てから強く感じるのは、家族を大事にし好きな事が明確でポジティブな人達が多いと感じる。そして、わからない将来については、とても楽観的。なぜなら、好きなモノ・コト・ヒトに囲まれ、今を大事に生きているからだろう。特にジプシーの人たちは無駄なモノを持たず、シンプルに生きながら楽しさを届けるのが仕事で、周囲の人たちもそれを受け入れてくれることが、ニュージーランドをFREEDOMカントリーと感じるのかも知れない。

>>>家族5人で生活する、ニュージーランドの移動式住居【タイニーハウスCARAVAN#2】

●THANKS : Anna 

●THANKS : Gypsy Extravaganza

 

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。