家族5人で生活する、ニュージーランドの移動式住居【タイニーハウスCARAVAN#2】

th21

ニュージーランド全国を4600キロも周遊するジプシーキャラバン集団の一人、Annaさんにニュージーランドらしく、なんともフレンドリーな話を伺った記事はコチラ「家族とずっと一緒にいたかったから、ジプシーになったの。」ニュージーランダージプシーの家族ライフとは?【How’s it going? #4】、に続き、タイニーハウスを拝見させてもらった!

入ってすぐ右手には、スモールテラス?ベランダ?があり、可愛いらしい娘さんがランチ中だった。子供にとっては、なんだか遊び場のような家である。

th210

左手には、廊下があり正面にリビングダイニングルーム。こちらでは、またまた可愛い息子さんがランチ中。映画のワンシーンのようである。

th211

リビングダイニングは、インテリアや小物がさりげなくあり、壁掛けや天井からの吊り下げ収納がなんともお洒落。蒔きストーブも設置されており、煙突パイプがなんともカッコ良い。

th226

キッチンは、一般家庭とさほど変わらない程度の広さがあり、快適に料理ができそうだ。無駄なモノがないので、とてもスッキリしている。

th28 th217

天井の高さが、3m近くあるんでなかろうか。キッチン上部には、工夫された収納や、子供達の描いた絵が飾られているのも素敵な空間。

th25

キッチンの奥はロフトがあり、子供部屋になっている。玩具やベッドが置いてあり、黄色とオレンジの内装が子供部屋らしくて可愛い。

th231 th24

至る所に、子供の絵や装飾があり、アットホームな家庭を感じさせてくれる。窓枠のこだわった木彫りが、妥協を感じさせないタイニーハウスである。

th213 th221

後ろに突き出た、スモールウッドテラスや外壁の作り方も細部までこだわっており、本当に車なんだろうか?と疑ってしまうほど。

th223 th23

タイニーハウスでの生活は、本当に必要なモノだけを厳選し選びだす、とてもシンプルな生活だ。また、どこに居ても家族の姿が目に飛び込む空間は、深い絆が自然と生まれると感じる。無駄なモノを捨て、家族と密に過ごすスタイルは、ニュージーランド人らしいライフスタイルの本質を感じさせてくれた。

th232

●タイニーハウス#1→【タイニーハウスCARAVAN#1】キャンピングカーを超える、これぞニュージーランド式移動住居!

●THANKS : Anna Family

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。