廃材を使った手作り太鼓やお面で行進する、ニュージーランドのキッズクリエイティブパレードがアート集団のよう【WOMAD編】

kwtop2

ニュージーランドのWOMADフェスティバル名物の一つに「WOMADパレード」がある。3日間開催されるフェスティバルの中で、キッズ達がクリエイトした楽器やお面、さらには手作りバッジなどを身につけて最終日にタイコを叩きながら会場を練り歩くのだ。参加者は、数百人規模でとっても楽しく、クリエイティブでアートなパレード。

個性的かつカラフルなお面を作る。

お面のベースはもちろん無料配布なので、自分の好きな色をつけていく。どれもカラフルで、子供達のセンスが光るお面ばかり。お面をかぶることで、子供ながらに違った自分になりきるのだろう。

kw6 kw2 kw7

廃材を使った、太鼓作りがクリエイティブ。

廃材の太いダンボール芯に、ナイロン布の余り生地を使い太鼓作り。ただ作るだけでなく、自由な絵を描きオリジナル太鼓を完成させるのもクリエイティブだ。参考として、マオリ柄のイラスト集が置いてあり、作るだけなく文化を織り交ぜる工夫など、とても良いアイデア。

kw24

マオリのトライバル模様などを参考に、それぞれ子供達のオリジナルティが加わると、まさにアートな太鼓が完成だ。

kw20 kw21 kw22

太鼓の盤面にもイラストを描くことで、どれもユニークな作品に。個性が溢れ、子供達の無限の創造性を感じる。

kw55

お面に太鼓。どこかの部族アーティストのようだ。

実際に出来上がったものを身につけると、どこかにいる部族のようで超クール。まさにアート集団のパレードが目に浮かぶ。こういった枠にとらわれないプログラムは、大人もテンションが上がってしまう。

kw54

バケツにガムテープを貼ったオリジナル太鼓で、大人達もパレードに参加することが可能。身近なモノが楽器に生まれ変わるという素敵なアイデアがこれまた可愛い。

kw64

アーティスティックなパレード。

自分の作ったお面と太鼓を片手に準備完了。大人も子供も列になってパレードの開始だ。パレードでは、ノリノリのリズムを奏でたバンドが先陣を切り、キッズ達が自由な太鼓リズムで後を追う。大人も童心に帰ってノリノリに参加してしまうのだ。参加人数は、数百人規模で、観客達もみんな笑顔や拍手で迎えてくれる、まさにハッピーパレード。

kw58 kw57 kw60 kw61 kw62 kw51

すでにあるモノを使い、何かをするのではなく。意味もなく何かを好き勝手作るのでもなく。カルチャーを織り交ぜ、作ったモノを身につけ、更には音を奏でながら実際にパレードをする。そうすることで、型にはまらない子供達の感性が無限にあふれでて、最後まで楽しめることができる内容だ。同時に、自分で創作したものへの愛着がわき、良い想い出にもなるだろう。それぞれの個性を大事に考えられたハッピーなプログラムであり、まさにこれぞリアル・ニュージーランドパレード!

自由な発想で創造する。子供はみんなアーティスト!MAORIカルチャーも取り入れた、個性溢れるニュージーランドのキッズワークショップ。【WOMAD編】

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。