ニュージーランド人の「寛容」さがリアルに伝わる社会実験映像。【動画あり】

gene

先日「ときどき、コラム#2」で、ニュージーランドの人々は寛容であるとのコラムを書きました。そんな中、まさに「Generosity(寛容)」である面白い映像が話題になっています。

ニュージーランドの銀行が、ニュージーランド人がどれだけ優しいのかを社会実験の一環とした映像です。とあるスーパーのレジで、支払いに2ドル足りなかった老人にニュージーランドの人々がどうするのか???

この動画は、100万回以上の再生がされており「良いことをした、1日だったわ!」「そんなに大した金額じゃないでしょ。」「誰かのために、何か良いことがしたかったんだ」などニュージーランド人の寛容さが伝わる実験映像です。

最近、Toastieを通じ色々な人と話をする中で、「Generosity(寛容)」という言葉が良く出てきます。とにかく寛容であるコト。受け入れることも、与えることも、懐の深さが大事なんだと気付かされます。ニュージーランドの人々は良くも悪くもマイペースでありますが、悪気があるわけでなく寛容な人々なんだと感じます。そんな自分も「Generosity(寛容)」を大事にしていこうと思う今日この頃です。

出典: Facebook, The Co-operative Bank NZ

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。