【meetデザイン】ニュージーランドの人気ハンバーガー屋にみるデザイン。

bb

パッケージ、プロダクト、ロゴ、グラフィックなどのデザインは、それぞれの育った環境や見てきたものに少なからず影響を受けると感じる。ニュージーランドという大自然の中で生まれるデザインは、無駄なモノをそぎ落としたシンプルさがあり、飾らない新鮮さを持ち合わせている。【meetデザイン】では、クリエイティブな視点からニュージーランドのカルチャーや魅力を伝えられたらと思う。

今回紹介したいのは、ニュージーランドではハンバーガーブームが到来中!?その中でも、ひと際イケてるオークランドのハンバーガー屋、その名も「BURGER BURGER」である。ちょっぴり変わった名前からもわかるように、なかなかクールなクリエイティブを展開していているのだ。

|BURGER BURGER

「バーガー、バーガー」という呼び名があまりにも「ド」直球で”グッ”とくるものがあり、これだけシンプルにインパクトを与えるのは邪念が微塵も感じられない。

ロゴも、シンプルでありながらもストリート感がありアパレルブランドとしても通用しそうなイメージだ。そして、クリエイティブなのはビジュアルだけでなく、もちろん味も。何を食べても美味しいのである。

bbfooterlogo2 11825991_431301257054403_4395077680540867477_n

 

オフィシャルトレーラーもBUGER BURGERの雰囲気がしっかりと伝わって来る。

どんなにデザインが優れていても、ハンバーガーが不味ければ人気はでない。逆に、どんなに美味しくてもデザインが良くないと好き嫌いが分かれるだろう。BURGER BURGER は、名前、ロゴ、味、そしてスタッフや雰囲気。全てのクリエイティブがしっかりとデザインされているように感じる。伝えたい事がシンプルであるが故にブランドの向上にもつながり多くのファンがついているのだと思う。

日本でも優れたデザインは多く存在するが、ニュージーランドと日本ではまた違っていて面白い。ニュージーランドで出会うデザインは、どれもシンプルかつユーモアで飾らないセンスが好きである。

出典:BURGER BURGER

 

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。