ニュージーランド出身の人気バンド『Yumi Zouma』ディスコポップ?エレクトロ?ギターポップ?んん?

yumizoumatop

Toastieが好きなニュージーランド出身のバンドをご紹介。NYブルックリン拠点のインディーレーベル「CASCINE」から2014年にデビューしたニュージーランド出身のYumi Zouma。ニューヨーク、パリ、ニュージーランド(クライストチャーチ)でそれぞれ活動する3人組のユニットバンドだったが初期のボーカルが脱退し、新たなボーカルと男性メンバーを迎えいれ現在は4人編成のバンドである。

ジャンルカテゴリにはまらない感じで、ゆる〜い感じのディスコポップ?エレクトロ?ギターポップ?んん?全てをミックスしたようなセンチメンタルな音楽。聞いているといつのまにかYumi Zoumaワールドに引き込まれちゃいます。この空気感は、なんとなくニュージーランドのゆるさを感じさせてくれます。

バンド名だけみると、あれ?日本人?と勘違いしそうですが、友人2人の名字と名前をくっつけたというユニークなセンス。デビュー時の『EPⅠ』は即完売で”A Long Walk Home for Parted Lovers”を耳にした事がある人もいるかも知れないです。哀愁漂うアイドルちっくな雰囲気のジャケットがなんとも素敵です。

5月27日にはYumi Zouma初のアルバムが発売予定で、ジャケットアートワークはTostieも大好きなニュージーランドアーティストのHenrietta Harris(いつかインタビューしたいヒト)すごくシンプルなのに個性的でカッコ良いです。

先日、ニュージーランドのウェリントンでライブがあったのですが行けずに残念。今年の9月には日本でもライブがあるようなので、興味ある方はYumi Zoumaワールドを感じつつニュージーランドのゆるさも感じてみてくださいね。

Yumi Zouma公式

 

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。