サマータイムがスタートですよ!みんな忘れずに。過去には日本でも導入されていたの?

nzs

本日、2016年9月25日(日)を起点に、ニュージーランドはサマータイム(正式名称「Daylight saving time/デイライト・セービング・タイム」)に突入しました!

2016.9.25(日)〜 2017.4.2(日)この期間、日本との時差は+4時間。

簡単に説明すると、9月25日(日)夜中の2時に+1時間進んで夜中の3時になる。いつも通りの時間に寝て、いつも通りの時間に起床だと睡眠が1時間減ったことになるのです。(1時間前倒しで行動している感じですね。)

あ!スマホは自動で更新されますが、車内時計やアナログ時計、目覚まし時計などなど1時間進めるのを忘れずに!

nzs2

ところで、サマータイムのメリットは?

・いつもより1時間長く遊べちゃう。
・ずっと明るいので節電になるかも。
・外に出る人が増えるので経済活性につながる。

じゃあ、デメリットは?

・初日はちょっぴり眠いかも。
・21時くらいまで昼間感覚なので、ディナーを食べていてもランチ気分。
・一時的に交通事故が増える傾向があるようです。

ちなみに日本では、1948年〜1951年の3年間だけサマータイム制度が導入された過去(米軍などになどよって占領統治されていた時期)があったようです。ただ、当時の日本は農業で生計を立てている人も多く、時間として動くのではなく陽の動きで生活リズムを送っていたため、逆に悪循環だったり民間会社の労働悪化などにも繋がっていたようです。

そういえば昔、日本の会社で働いていた時に部署的サマータイムが導入され、朝8時〜16時帰社になったことがありました。その時に感じたのは、ランチまでの時間が長く感じる。取引先は通常時間なので16時に帰れない。単純に残業が朝の1時間増えたという、とても損なサマータイム制度を経験したことがあります。。。

IMG_9562.jpg

国としてのサマータイム制度なら、仕事が終わってからでもサーフィン、釣りなどのアクティビティが楽しめたり、庭でBBQしたり、海辺でピクニックしたりニュージーランドの夏は存分に楽しめちゃいますよ!

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。