『ビジネスを始めた時の資金は$2,000しかなかったの…』『アイデアを人に公開すれば、その分また新しいアイディアが湧いてくる…』little & friday – Kim Evans

kimtop2

 前編に引き続き、Kimさんの考えるビジネスアイデアから、ほっこりするような裏話も。

(後編) 

ーーーでも、その日にしか出さないってなると、売れ残ったものはどうするの?捨ててしまうの??

Little & Fridayのビジネスアイデアは全てが円で回るってことなの。つまり、何か使われなかったものは誰か別の人へ渡すっていう。だから、Cityのお店で売れ残ったものはCity Missionへ寄付をしてるの。そこからホームレスに配られてるのよ。

それ以外にもRE-USEできるものはしてるわ。たとえばチョコレートファッジなんかは、前日に残ったチョコレートケーキを使って作ってるし、パンプディングなんかもそうね。前日に売れ残ったパンを使って作ってるわ。できる限りWASTE(ゴミ)を減らすよう心がけてる。もちろん目標はZERO WASTEよ。

img_1018

img_1022

ーーーおお〜ゴミゼロですね!素晴らしいです。。。(ニュージーランドは、ZERO-WASTEの意識の高さを強く感じる。)ところで、お店のロゴとか内装とかは誰が?すごくリラックシングで好きなんです。

全て自分たちでやったわ。もともとこのビジネスを始めた時の資金は$2,000!?しかなかったの。だから家具類は全てTrade-me(ヤフーオークションみたいなもの)で買って自分で塗ったの。だからどれも少し古びた感じでしょ。

lf

で、今は娘が陶器をやってるから照明器具のフィッティングを彼女が作ってくれて、彼女の作品に合わせて回りをデザインしていってる感じね。それに、スタッフやお客様にもアーティストが多いから飾ってある写真はお客様の作品だったりね。

h1

h2

ーーーとても人の縁を感じますね。お店のコーヒーはCoffee Supremeの豆を使っていますよね。ここも繋がりから?

お店を始めたときに、Coffee SupremeAl Keatingと出会ったの。当時Coffee SupremeはまだWellingtonがメインでオークランドの顧客がほとんどいない時で。そこで、知り合いを通じてAlに初めてあったのよ。彼はとってもセンスがよくて、デザインとかもできて。お互いに助け合ってきた経緯もあってCoffee Supremeの豆を使ってるのよ。

sp

ーーーそういう経緯だったんですか!やっぱり縁を大事にですね。他にもlittle&fridayの成功の秘訣などありますか?

little & Fridayがここまで成功した理由はもうひとつ、Cook Book(レシピ本)の発売だと思うわ!

Cook Bookを通じて国内のあちこちにlittle & fridayの名前が広まったし、ソーシャルメディアのフォロワーもすごく増えたわ。アメリカからもフォロワーが出来たりしてビジネスの方向をすごく変えたわ。

周りの人からは、自分のレシピを人に教えちゃうなんて頭おかしいんじゃないの?なんて言われたりもしたけれど、、、

「でも、私はそうは思ってないの。」

私はね、アイデアを人に公開すれば、その分また新しいアイディアが湧いてくるって思ってる。ひとつのアイデアにしがみ付いていても、新しいアイディアは出て来ないってね。だから、私はどんどん自分のレシピを公開していくわ!

それに、レシピを公開することでみんなにもベイキングの楽しみを知ってもらいたいの。あとは砂糖って美味しいってこともね!私、砂糖が大好きなの!ダイエットとかで砂糖を減らしすぎるなんてもったいないしね!

img_1021

ーーー私たちも砂糖大好き!彼のお腹を見れば一目瞭然(爆笑)!そういえば、また新しいCook Bookを発売するんですよね?

そうなの。前回の本はベイキングの本で、今回は、朝、昼、晩っていう食事をテーマにしてるの。

ヘッドシェフのSophieが加わる前はベイキングのみをしていたんだけれど、Sophieが加わり、夜ご飯のテイクアウトっていうものも始めたの。忙しく働いて、家に帰ったら疲れてきちんとした家庭のご飯を作る気力がない人ってきっと多いと思って。そのニーズを埋めるために夜ご飯のテイクアウトをやっていたんだけれど、今それは少し休憩してるんだけどね。

img_1017

>そうだったんですか。今後も店舗を増やしていく予定とかはあるの?

いや、今は従業員が70人いるんだけれど、私の使命としてこの70名のスタッフ全員を幸せにしなくてはいけないと思っているから。正直、今でも結構大変なんだけど、これ以上スタッフが増えたら一人一人の幸せを考えることなんてできないと思うから。今いるスタッフたちが、ハッピーで居られるようにするためにはこれ以上大きくはできないかな。と思っているわ。

ーーーとても素敵な考えです。。。でも70人ものスタッフがいて現場を仕切る人もいると思うんですが、それでもこうして毎日Kimさんが現場に立つっていうのには理由があるんですか?

そうね、さっきちょろっと話しをしたけれどCoffee SupremeAlとはとても仲が良くて、二人似た者同士っていつも話しをしてるの。私たちのことをCreative Disorganized Perfectionistって分析してるの。

「クリエイティブで散らかしやだけど、完璧主義者ってね。(笑)」

私たち、本当にたくさんのアイディアがあってクリエイティブだし、散らかし屋だし、確かに完璧主義者だわ。だから、もし私が現場に居なかったらクオリティを保てないと思うの。それに、スタッフからしてもオフィスに座ってああしろ、こうしろって威張ってるだけの社長なんて、ちゃんとリレーションがとれないでしょ。だから私がこの会社で一番働いているわ。もちろん自分のビジネスだから当たり前なんだけれど、スタッフのためにも私が頑張っているのよ〜!ははははは〜(笑)

ーーーさすがです!(笑)きょうは、とても楽しい時間をありがとうございました!

img_1016

なんだか、すごくパワフルで直球だけど、溢れるような愛が見え隠れする。変なプライドを頼りに生きるのではなく誰よりも働き、お金ではなくアイデアをひねり出す。そして、スタッフを幸せにする使命。こういった信念があるからこそ、スタッフも絶大な信頼を置いて仕事しているのだと感じる。これこそがlittle&fridayの魅力であり人気の秘密だと思う。

ニュージーランド在住の方も、旅行でくる方も、一度はlittle&fridayに足を運んでもらえればきっと魅力を感じれると思います。

<ちょっぴり裏話>

先日もlittle & fridayのカフェへよった時、Kimさん自らがコンテナを運んで、せっせかとフード納品をしていました。自分自身がまず動き働く。なんだか日本の職人気質を感じますね!

img_6738


 Special Thanks : Kim & Holly & Staff & Kumi & Tomoko / little&friday

interview – Toastie Girls / photo – Toaste Boys

 

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。