「ハカ」でギネス世界記録に挑戦、7000人集結で披露!

1478055076525

ハカ本来は、ニュージーランド先住民族のマオリ族戦士が戦う前に、自己の力を示し威嚇するために舞踊するものだった。しかし現在は、世界的にも有名なALL BLACKSが試合前に相手チームを威嚇するのが有名である。他にも、お祝い事、お葬式などでも披露するのだ。

そして先日、ニュージーランド首都のウェリントン郊外(マスタートン)で、ハカのギネスチャレンジが行われたようだ。その数、なんと7000人!(現在、ハカのギネス記録は4028人。)

ニュージーランドで7000人集めるって結構大変な事である。ニュージーランド人口を450万人として7000人だと人口の0.16%を集める事になる。これを日本に置き換えてみると、日本人口1億2000万人の0.16%は18万6667人!やはり7000人集めるのは凄い事だ。

実際にギネスチャンレンジしたときの映像を見てみよう。

7000人集めて伝統舞踊でギネスにチャレンジするのも凄い事だが、こういったチャレンジの裏には、ニュージーランドのカルチャーを大事にする思いが強く感じられる。さて、ギネスには認定されるのか?楽しみである。

ハカの言葉の意味やALL BLACKSハカは、TOUCH MAORIを見て欲しい。

TOUCH△MAORI【ハカ編】動画あり。

出典:stuff.co.nz top picture : stuff.co.nz/MAARTEN HOLL/ FAIRFAX NZ

新日本プロレスinAucklandへご招待。

プレゼント企画☆新日本プロレス in Auckland、バックステージパスなど22名様ご招待☆

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。