「突然の引越し勧告に!?え、まじ!?」ときどき、コラム。

house

久しぶりの「ときどき、コラム」です。

先日は、新海誠監督「君の名は。」(Your Name.)をオークランドのACADEMY CINEMAで鑑賞してきました。ニュージーランドに住んでいると邦画を観るチャンスがなかなか無く、かなり飢えていたので見入ってしまいました。

それにしても日本のアニメって、やっぱり素晴らしい〜!日本人であるコトが誇りにさえ思ってしまいました。ストーリー、映像、音楽どれも良く、思ってた以上にどハマりしてしまい映画館出るのが恥ずかしいくらい号泣しました(笑)もう一度観たい願望と闘っている最中です。好評につき放映期間が延長になり、近隣劇場でもまだ観れるようなのでオークランド在住の方は是非ともオススメします!

yourname

そんなこんなで、この年末に突然の引越し勧告で途方にくれているToastieです。

この国にいる以上、避けて通れないコトは理解しているのですが、、、心の準備が出来ていなかったので、年末に家探し&引越し準備とかなり面倒です。大家さんとの契約で、何日前までに退去してほしいと言われたら従わないといけないのです。ぐぬぬ。(理由は、大家さんのご家族が移住してくるため。そりゃ〜しょうがないっす。)

しかし、息子が小学校に入学したばかりで、今住んでいる地域から離れる事もできず、オークランド全体が家賃高騰中なので大打撃。と言ってもしょうがないので、Trade Meというニュージーランド最大のオークションサイト(先日も美女のお尻が出品されるという)を使って、早速家探しをスタートした訳です。不動産仲介か大家さん直接契約の2種類があり、家のタイプも一軒家からユニットなど様々です。家によっては、水道、電気代込みもあります。

もちろん住む地域や広さによって家賃の振り幅はありますが、家族で住める家をざっと見たところ想定家賃は週400ドル〜450ドル。た、たかいっすね。。。ニュージーランドは週払いが基本なので、日本の月家賃に慣れていると何だか損した気になります。今の家は3年半住んだのですが、運良く家賃もほとんど上がらずだったので余計にショック!

Moving truck

それと、いつも不思議に思うのが、ネットで家を探しても日本では馴染みの間取り図がほぼ皆無で、全く間取り想像のつかない写真ばかり掲載されており、実際に行ってみないとわからないのです。良さそうな物件をチョイスして見に行ってみると、びっくり物件も多数あります。陽が当たらないので湿気がすごくて苔が生えてそうだったり、車両ガレージを無理やり部屋にしていて、え!?まじ!?天井低すぎでしょな感じや、ガスキッチンと書いてあってもBBQガス設置の簡易キッチンだったり、、、。実際に見にいくの超大事です!!本当に大事です!!あと、GOPROばりの超広角レンズで撮影しているやつも要注意です。実物との広さの違いに愕然とします。

今のところ、大家さん直契約で良い物件を見つけたので「自分、借りたいっす!」と手をあげてからがスットコドッコイ!ここからが超面倒です。大家さんも変な人には貸したくないので色々な事前調査があるんです。大家さんによって内容は違うと思いますが、家族構成やら、なんの仕事しているやら、自分達がどんな人なのか?それを証明する複数の知人へ直接電話されます。もちろん、今住んでいる大家さんにも電話確認が入ります。信用問題が超重要です。そういった身辺調査をクリアしたら、目出度く契約に至るわけですが、すごいシステムです。

とにかく、ちゃちゃっと家が決まらないと、引越し準備にも精が出ないわけで。。。そんなこんなで、ソワソワしながらこの記事を書きつつ、こんな時こそポジティブシンキングに行くぞ〜!断捨離だ〜!と自分に言い聞かせ、ダンボール調達に走る今日この頃です。

 

David Fulmer/Albert Polhemus House

 

 

 

house