ニュージーランド音楽フェス「WONDERGARDEN」リポート前編

w1

ニュージーランド(オークランド)で開催された年越し音楽フェスWONDERGARDENレポート前編です。今回、初開催となるWONDERGARDENは、ニュージーランドローカルの人気アーティストが目白押し。開催場所は、オークランドシティにほど近い湾岸沿いのSILOPARK。

ニュージーランドの特性?特徴?として、イベントスタート時間から人が集まるというのは中々なく、ゆる〜く遅れて集合するカルチャーなのです。そのため、日中はゆるやかな感じに芝生でゴロゴロ飲んだり食べたり、ほのぼのした雰囲気でスタート。

w502

w566

w308

メインステージとキッズブースの2つ。

会場自体は個人周りとしたスペースで、メインステージとキッズブースの2つ。キッズブースでは、ワークショップやミニライブなどがあり子供達も飽きずに楽しめる内容。ニュージーランドは、キッズフレンドリーなので子連れでも安心して楽しめます。

w81
w666

ランプで光るクラゲなど、それぞれが自由な発想でモノ作り。

w5

謎の生命体現る。

会場をウロウロしていると、謎の生命体に遭遇。

w1

w2

謎すぎて、キッズ達に詰め寄られる場面も。「あんた、顔みせなさいよ!」「ちょ、ちょ、ちょ、、、」的な感じかと。

w510

未知との遭遇!?

w300

さらに、お客さんなのか?イベント関係者なのか?冒険中に迷い込んだのか?鳥にのった人物を発見。なんとも海外フェスらしいクールガイです。

w507

はい、決めポーズ頂きました!

w110

w10

しかし数年前のニュージーランドの音楽フェスでは、フィッシュ&チップスかホットドッグしかなかったのが、近年は急激に変わりバリエーション豊かなご飯が勢ぞろい。

w206

個人的には「パンに挟んだミートボールの上に、とろけるチーズがたっぷりのりすぎたホットドッグ」がツボで複数回食しました。

305

さらに会場を探索中、お酒を飲んで上機嫌のビューティーマダムに「写真を撮りなさいよっ!」と大役を仰せつかったので、OKが出るまで撮影会。

w6

そうそう、酔いどれマダムで思い出しましたがフェスと言えばお酒!クラフトビール、ワインとウォッカサイダーなどなど種類も豊富。以前にToastieでもインタビューした、NZフェスではお馴染みのリユースカップGlobelet仕様。

w202

他にも怪しげな鈴の音をたどって近づいてみると、、、そこには謎のミニ小屋inご機嫌なおじさま発見です。その名もPERMATREATS(パーマネントなトリート)ここでは、謎の粘土?で作ったキャンディのようなモノをお客さんにプレゼント!愉快すぎるおじさまに敬意を表します。

w13
w16

これは、なんとMYSTERY OBJECT!?(笑)記念日付入れるあたり抜かりないです。

w14

そんなこんなで、音楽以外にも楽しませてくれる仕掛けがたくさんあり、大人も子供も十分楽しめる内容でした。ゆるくて、フレンドリーな人や空間が、なんともニュージーランドらしい雰囲気で大好きです。またまた個人的なツボがたくさんあり大満足です。 後編は、TOASTIEも大好きなYUMI ZOUMAやORCHESTRA OF SPHERESのライブ写真などお届け!(インタビューも!)

ニュージーランド出身の人気バンド『Yumi Zouma』ディスコポップ?エレクトロ?ギターポップ?んん?

2016.05.20

こどもたちは買い物している間、退屈でしょ?食べていいよ。ニュージーランドのGenerosity。

2016.05.13

「多くのモノを消費しすぎるのが大問題なんだよ。その殆どのモノは必要ないものだしね。」リユースエコカップで環境問題に取り組む、ニュージーランドのGlobelet社を立ち上げたRyan.【How’s it going? #6】

2016.04.17

廃材を使った手作り太鼓やお面で行進する、ニュージーランドのキッズクリエイティブパレードがアート集団のよう【WOMAD編】

2016.04.01

自由な発想で創造する。子供はみんなアーティスト!MAORIカルチャーも取り入れた、個性溢れるニュージーランドのキッズワークショップ。【WOMAD編】

2016.03.31

 

ABOUTこの記事をかいた人

ゆるゆるの国、ニュージーランドで感じたコト。見たもの。出会ったヒト。を中心に発信。ちょっぴりでもニュージーランドに興味を持ってもらえたら幸いです。