ヨット遭難した46歳父&6歳娘、27日後に無事漂着。ニュージーランド

Last modified date

Comments: 0

ニュージーランドは、住民1人当たりの船所有率が世界NO.1の国。“シティ・オブ・セイルズ(帆の街)”と呼ばれる…

Toastie Magazine:ニュージーランドのニュース

最近、新聞を読むのは時代遅れになり、人々はインターネットでニュースや情報を入手しています。そのため、そもそもToastieMagazineを作成することにしました。長い間、メディアアウトレットを構築することは夢でしたが、最終的にこれほど多くの読者がいることになるとは知りませんでした。 

私たちのウェブサイトは主に特集記事や文化記事に焦点を当てていますが、国内で関連情報を投稿するためにも最善を尽くしています。ですから、カバーする必要のあるイベントがあれば、喜んでそうします。 

今月のニュースの見出しの1つは、ほぼ1か月間外洋で立ち往生していた男性とその娘の話です。船の帆やその他の機器の1つに不具合がありました。ドックを通る穏やかな乗り物であるはずだったものが、27日間続く悪夢に変わりました。 

ニュージーランドにはボートの所有者がたくさんいるので、人々がセーリングに出かけて楽しんでいるのは普通の光景です。だから、46歳の父と6歳の娘が外洋に出ているのを見て、それが問題だとは思わなかったのです。 

船の故障のため、父と娘のデュオは風と流れに頼って陸に向かわなければなりませんでした。ワイカトから、二人は27日間、食料と水の安定した供給なしで旅行しなければならず、シドニーの南部に到着するまで漂流しなければなりませんでした。 

二人がミネラルウォーターと食べ物をバッグに入れていたのは幸運でした。船の下には、缶詰やビスケットの緊急在庫もありました。幸いなことに、怪我をした人はいませんでしたが、しっかりとした土地に帰ることができて、目に見えて幸せでした。 

記者が父親に旅行について尋ねたとき、彼と彼の娘は決して忘れられない経験だったと彼は言った。また、6歳の子供 何か を食べと に旅行でたの聞かれ、「ロリーズ!」と喜んで答えました。これはオーストラリアのスイーツやデザートに相当します。 

この経験の後、他の船員は、いくつかの救命胴衣と防水ラジオとともに、少なくとも1〜2か月間十分な食料と水を持参するように求められます。そうすれば、この事故を回避することができ、誰も海で立ち往生することはありません。 

ToastieMagazineについてToastieMagazine 

は、ここニュージーランドのすべてのニュースや文化の最新情報を入手するための頼れるプラットフォームです。今後の音楽祭について学び、いくつかのトレンディなレストランを訪れ、私たちが毎日公開しているコンテンツで国の人々を簡単に知ることができます。 

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post comment